TOP>ご相談室

よくある質問

議員に寄せられる質問、相談の中から多く問合せのある内容を掲載しておりますのでご参考にお役立て下さい。

質問:ささいな事でも相談できるのでしょうか?
答え:「ドブ板議員」と言う言葉をご存じでしょうか?家の前のドブ板(今では排水溝の蓋でしょうか)がはずれて、危なくて通れないと言う話が住民から出ればすぐにそのドブ板を用意して取り付ける議員。私たちはそんな地域住民に身近な「ドブ板議員」ですのでお気軽にご相談下さい。
質問:相談したいのですが、議員はどんな事が出来るのでしょうか?
答え:ご相談内容によっては議会に審議を提案したりします。家庭問題等は多くの人脈の中から専門家、弁護士などにお話を持っていき問題解決の橋渡し、伝書鳩的役割を行います。市議会議員の立場上利益を求めない、市議会議員だからこその地域に役立つ人脈で地域の幸福にお役にたてるようご相談にのっております
質問:議員の議会での質問にはどんな種類がありますか?
答え:行財政、都市、道路、交通、教育、福祉、環境、医療、人権等さまざまありますが、例えば、具体的には次のような質問があります。市長の政治姿勢について、行財政改革について、地球温暖化対策について、成田線・常磐線の利便性について、国保税について、市民参加のまちづくりについて、市民の安全・安心について、千葉柏道路について、水害対策について、生ごみの資源化について、商業活性化について、自然と文化を生かしたまちづくりについて、介護保険について、子育て支援について、子どもの医療費無料化について、教育問題についてなど市民の皆様の声が反映できるよう定例議会ではさまざまな質問があります。
質問:本会議での質問は回数や時間の制限はありますか?
答え:一般質問の通告は、大綱5項目以内で小項目(具体的な質問項目)は、概ね25項目を目途に、30項目までとしています。一般質問は、代表質問と個人質問の二通りに分かれ、代表質問は各会派の政策論を焦点として代表1人(6人以上の会派にあっては2人まで行うことができる)が行い、個人質問は自由。なお、3月・9月議会は、代表質問及び個人質問とし、6月・12月議会は個人質問のみ。質問時間の公平を期するため、一般質問の発言時間は一回目の質問は代表質問40分、個人質問30分。ただし、6人以上の会派で代表質問を2人行う場合、2人目については30分。質問をしない議員の持ち時間10分は、代表質問の一回目の質問のみ繰り入れることができる。ただし、繰り入れる時間が20分を限度とし、一回目の質問時間は60分以内。再質問及び再々質問は、それぞれ5分以内。
質問:無料相談会等開催していますか?
答え:公明党我孫子市議団としては、毎週水曜日10時から15時までを定期相談日としています。お気軽に市議会公明党控え室までお越しください。また、定期相談日に限らず相談は受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。沢田 愛子7185−2454 毛塚 和子7169−6280 木村 得道7187−3082 江原 俊光7169−7992 また、市役所市民相談もご利用できます。広報あびこ(毎月1日発行)をご覧ください。法律相談、人権相談、税務相談、行政相談、行政書士相談、司法書士法律相談、不動産相談、住宅相談、消費生活相談、福祉総合相談、健康相談、育児相談、4ヶ月児相談、子ども総合相談、交通事故相談、結婚相談、青少年悩み相談、母子・婦人相談(ひとり親)、DV相談、心配事相談、心の相談、認知症に関する相談、高年齢者職業相談、無料職業紹介所があります。予約が必要な場合もありますので、詳細内容をよく見てご相談ください。(市のホームページにも掲載されます)
質問:防犯灯の設置をしてほしい。
答え:新たに街路灯(防犯灯)を設置するには、市道の幹線道路の街路灯の場合は道路課に要望します。住宅地内の街路灯(防犯灯)の場合は、各自治会・町内の役員へ要望します。なお、自治会には街路灯設置事業補助金が市より出ます。
質問:夫に離婚して欲しいと言われ、悩んでいます。
答え:離婚について相談できる公的機関には家庭裁判所の家事相談(無料)、自治体が行っている弁護士による法律相談(無料)、弁護士会の法律相談(有料)、また日本司法支援センター法テラスがあります。法テラスでは経済的に苦しい方に対して無料法律相談を行っています。事案によっては代理人(弁護士)がついたほうがよい場合には、審査の上、調停からでも弁護士を斡旋し、その弁護士費用などの立替による援助を受けることができます。
質問:多重債務でどうにもならなくなり、どうしてよいか悩んでいます。
答え:我孫子市消費生活センターにご相談ください。我孫子市役所庁舎西別館1階 TEL7185−1469 開所時間 月曜日〜金曜日 9時〜12時及び13時〜17時 なお、東葛地区で多重債務者への弁護士の無料相談会もあります。
質問:道路沿いに住んでいるため、騒音に悩んでいます。スピードが出せないように道路凸凹をつけて、スピードを出せないように要望して欲しい。
答え:市道は道路課、国道6号線は国土交通省千葉国道事務所柏維持修繕出張所(7143−4230)、国道356号線と県道は千葉県東葛飾地域整備センター柏整備事務所(7167−1201)が窓口です。各々に要望します。
質問:市営住宅を申し込むにはどうしたらいいですか?
答え:入居者の募集は年1・2回行い、広報あびこと市ホームページでお知らせします。入居資格は@市内在住・在勤の方 A住宅に困窮している方 B市税を滞納していない方 C同居または同居しようとする親族がある方(単身者は50歳以上などの条件により入居可) なお、入居には所得の制限があります。
質問:道路の街路樹の枝が伸びて歩くのに危険です。どこに連絡をすればよいでしょうか?
答え:街路樹は道路課が窓口になります。歩道上にはみ出し危険が伴うもの、また、通行に支障のあるものはご連絡ください。
質問:空き地に雑草が繁茂しているため、防犯や防火のため草刈をお願いしたい。どこに連絡すればよいでしょうか?
答え:消防署で空き地の所有者または管理者に対し、「空き地の適正管理」として雑草の草取りの指導をしています。最寄の消防署にご連絡ください。西消防署(7184−0119) つくし野分署(7184−2630) 東消防署(7189−2110) 湖北分署(7188−2217)

[上に]